プロミスの審査

プロミスの審査難易度は高い?落ちる人の特徴と落ちたときの対処法を紹介

この記事を読んでいる人は、プロミスの審査難易度は高いのかが知りたいのだと思います。

もしくは、審査に落ちたときの対処法を知りたいのかも知れませんね。

プロミスに申し込みたいと思ってるんだけど、審査って厳しいの?

そうですよね!審査が厳しいのかすごく気になりますよね!

ここではっきりと、「厳しいです!」「甘いです!」と言えればいいのですが、プロミスの審査基準は公表されていないので、審査が厳しいかは一概に判断することはできないんです。

とはいえ、審査に通る人、落ちる人にはそれぞれ特徴があるため、その特徴や傾向を把握し対策を立てておけば、審査に通る可能性は高まります。

今回はプロミスの審査難易度を紹介し、落ちる人の特徴と落ちたときの対処法を解説しますので、是非参考にしてください。

プロミスの審査に通るのはこんな人

プロミスの審査に通過するためには、まず申込み条件を満たしているかが大前提になります。

また、審査に不安を感じる人は、申し込む前に「借入診断」を試してみるのもいいですね。

自分が申し込み条件に該当しているのか、また、借り入れができる可能性があるのか確認してから申し込み手続きをすることをおすすめします。

\ 3項目で簡単診断! /借入れシミュレーション

安定収入があれば審査通過の可能性はある

プロミスの申し込み条件は「年齢20歳以上、69歳以下の本人に安定した収入のある人」となっています。

パートとかアルバイトでも申し込めるの?

はい!大丈夫ですよ!

パートやアルバイトで安定した収入を得ていれば、主婦や学生でも申し込みができますよ。

ポイントとしては「本人に収入があること」、「1年以上同じ勤務先から毎月安定した収入があること」です。

つまり親や配偶者にいくら収入があっても申し込み者本人に収入がなければ申し込み条件に該当しませんし、「収入額に波がある」「収入がある月とない月がある」という状態では審査に通る可能性が低くなります。

また、消費者金融では「借り入れは年収の3分の1まで」という総量規制がありますので、収入が低ければ借り入れ限度額も低くなってしまうことは覚えておきましょう。

申し込む前に借入診断を受けてみよう

プロミスの公式サイトには「借入診断」があるので、申し込む前に受けてみることをおすすめします。

診断方法は簡単で、「お借入シミュレーション」のボタンを押し「生年月日」「年収」「現在の他社お借入金額」の3項目を入力すればOKです。

もし借り入れできる可能性があるなら「ご融資可能と思われます」と表示されます。

借入診断で『借入OK』になれば、審査通過間違いなし!って思っていいの?

いえいえ、そういうわけではないんです!

借り入れシミュレーションは飽くまで総量規制に触れていないかを判断するものになりますので、シミュレーションで融資可能と表示されても、いざ申し込んでみると審査落ちになるという場合もあるんです。

実際の審査は申し込み内容、個人信用情報、在籍確認などから返済能力や信用力を総合的に判断しますので、借り入れシミュレーションだけをうのみにせず、飽くまでひとつの目安として捉えてください。

プロミスの審査難易度は甘くはない

プロミスの審査難易度は決して甘いわけではなく、プロミスが定めた基準を満たさなければ当然審査落ちとなります。

ちなみに、プロミスには女性専用商品の「レディースキャッシング」があり、女性は審査を優遇してもらえると思われがちですが、決してそういうわけではありません。

通常のフリーキャッシングもレディースキャッシングも、審査難易度は決して甘くないのです。

ではその理由を解説していきます。

消費者金融は貸倒れのリスクが高い

一般的に、銀行カードローンは審査が厳しく、消費者金融は審査が甘いというイメージを持たれがちです。

しかし、契約者から返済されなかった場合のリスクは、銀行よりも消費者金融の方がはるかに大きくなります。

銀行カードローンでは契約者から貸付金を回収できなかった場合、保証会社が代わりに返済してくれます。

一方で、プロミスをはじめとする消費者金融は保証会社の弁済がありませんので、回収できなかった貸付金は会社の損失となってしまうのです。

つまり、銀行よりも貸倒れリスクが高い消費者金融が、甘い審査で誰にでも貸してくれるわけではないということです。

即日審査だから審査を簡単にしているわけではない

プロミスで借りるメリットとして最短即日融資が可能であるということが挙げられます。

スピード審査ができるってことは、審査が簡単っていうことなんじゃないの?

いえいえ、それは違うんですよ!

スピード審査ができるのは、プロミスが「スコアリングシステム」を導入し、コンピューターを使って審査時間を短縮しているからなんです。

スコアリングシステムとは、申し込み者の年収や職業などの属性情報を瞬時に点数化し、その点数がプロミスの定めた基準を満たすかどうかで判断されます。

もちろん審査はこれだけではありませんが、基準を満たしていない場合はこの時点で審査落ちとなります。

審査が早いからと言って決して適当な審査をしているわけではなく、基準を満たすかを瞬時にふるい分けられるシステムを構築しているため、このスピードを実現できるのです。

アルバイトも申し込めるから審査がやさしいわけではない

プロミスはアルバイトやパートでも申し込みが可能ですが、だからと言って審査のハードルが低いわけではありません。

また、アルバイトやパートはやはり公務員や正社員に比べ収入額が低く雇用も不安定なため、審査もより慎重に行われます。

さらにアルバイトやパートの場合、貸倒れリスクを考慮して低めの融資枠となる可能性が高く、審査は通ったけど借りたい金額よりも減額されたということもよくあることなのです。

アルバイトやパートの人が申し込む場合は、これらの点も念頭に置き申し込むかどうか検討しなければなりません。

成約率から見たプロミスの審査難易度

申し込み者に対し、どれくらいの人が成約まで至ったのかを示す「成約率」というものがあります。

プロミスでもIR情報として、この成約率を公表していますので客観的な審査難易度を見るうえで非常に参考になります。

プロミスの過去3年間の決算資料をもとに成約率をまとめてみましたので、参考にしてください。

年度 成約率
2016年度 43.5%
2017年度 42.9%
2018年度 45.5%

いずれの年も半数以上の人が審査落ちとなっていることが分かります。

他社大手消費者金融はどうなのか、アイフルとアコムも確認してみましょう。

アイフル・アコムで新規契約に至った確率(2016年度~2018年度の月次データから)
※申込者数に対して新規契約数で割った数値です

年度 アイフル アコム
2016年度 45.3% 47.9%
2017年度 45.6% 46.8%
2018年度 45.3% 44.8

アイフル、アコムも50%に達していません。

この結果からも、プロミスだけが大手消費者金融の中で特別審査が厳しいというわけではなく、どこもきちんと審査を行い、返済能力や信用力を見極めているということが理解できますね。

\ 3項目で簡単診断! /借入れシミュレーション

プロミスの審査に落ちやすい人の特徴とは?

返済能力や信用力がプロミスの定めた基準を満たしていなければ審査に通ることはありません。

審査基準に関しては公表されていませんが、審査で見られるポイントはほぼ決まっているため、次のポイントに問題がある人は審査落ちしやすいと言えます。

  • 個人信用情報に問題がある
  • 他社借り入れ件数が多い
  • 借入残高が大きい
  • 在籍確認が取れない
  • 短期間に複数のローン申し込みをした
  • 虚偽の情報で申込んだ

それぞれの特徴について解説しますので、自分が該当しないか確認してください。

個人信用情報に問題がある

個人信用情報にキズがある場合、審査落ちになる可能性が高くなります。

個人信用情報とはローンやクレジットカードなどの申し込み情報や契約内容などを記載したものです。

審査は個人信用情報に基づいて行われ、過去に延滞と言った金融事故などがなかったか細かく確認されます。

個人信用情報に何らかの問題があれば、申し込み者の返済能力や信用力が当然疑われることになりますので、審査に通る可能性は低くなります。

特に61日以上の長期延滞や代位弁済などの金融事故を起こしている場合、個人信用情報に記録が残っている限りプロミスのみならず、どの消費者金融でも審査が通りにくいという状態に陥ります。

支払日や返済日の管理は徹底し、ふだんから延滞を起こさないようにしてください。

他社借り入れ件数が多い

他社の借り入れ件数が多い場合も審査落ちの原因となります。

借り入れ件数が多いということは、既に毎月返済負担が発生しているということであるため、他社の借り入れを返済しつつ、プロミスも返済できるのかという点を重視しながら審査を行います。

他社の借り入れ件数が何件までならいいの?

うんうん、具体的な件数を知りたいですよね!

実は厳密には言えないのですが、一般的には2社までとされています。

なお、「大手消費者金融は3社までしか契約できない」ことが、アコム、アイフル、プロミス、レイクALSAの協定で決まっています。

現在既に3社から借り入れをしている状態で、新たにプロミスに申し込むと審査に落ちてしまうので注意してください。

借入残高が大きい

他社の借入残高が大きい場合も総量規制に抵触する恐れや、貸倒れリスクが高まることから審査に通りにくくなります。

「年収の3分の1を超えて貸してはならない」という総量規制は貸金業法で定められた法律で、プロミスを始め消費者金融は遵守しなければならないものです。

この「年収の3分の1」の借り入れには他社の融資可能枠も含めて計算されます。

他社の借入残高が大きいほど総量規制に近くなり、貸倒れリスクは高くなりますのでプロミスもより慎重に審査を行うのです。

また総量規制を超えなくても、返済能力を超える借り入れは要注意です。

借入残高が大きい中で新たにプロミスに申し込みするとなると、既に毎月の返済が苦しい状態であるとプロミスに判断されかねません。

在籍確認が取れない

個人信用情報や申し込み内容に問題がなくても、在籍確認が取れなければ審査に通ることはありません。

在籍確認とは、申し込み者が申告した勤務先にプロミススタッフが電話をかけて本当に在籍しているのか確認するという審査です。

審査は申し込み者の申告内容が事実なのか個人信用情報などで裏付けていく作業ですが、勤務先に関しては個人信用情報だけでは必ずしも正しい内容であると判断できません。

登録されている職場を既に退職している場合や在籍していても休職中である可能性もあるためです。

在籍確認と言ってもプライバシーには十分配慮してくれますので、プロミスに申し込んだことを同僚に気づかれる可能性は低いと言えます。

もし会社の規模や雇用形態など何らかの事情で在籍確認を取ることが難しい場合は、申し込み前にあらかじめプロミスに相談してください。

書類提出での在籍確認を提案してくれるかも知れません。

短期間に複数のローン申し込みをした

短期間に複数のローン申し込みをした場合、申し込みブラックとなり審査落ちになる可能性が高くなります。

審査落ちが怖いから、幾つも同時に申し込むのはよくないってこと?

そうなんです!

不安な気持ちはよく分かりますが、あれもこれもと申し込むのは控えてください。

短期間に複数とは、一般的に「1か月間に3社以上」とされています。

一度申し込みブラック状態になると個人信用情報に登録が残る6か月は、どのカードローンの審査も通りにくくなります。

虚偽の情報で申込んだ

虚偽の情報で申し込んだ場合も審査に落ちの原因になります。

勤続年数を長めにしたり年収を多めにしたり、ついやっちゃおうかなって思うよ。

うんうん、審査は少しでも有利にしたいですもんね。

でも、虚偽申請は絶対にやめてください!

大抵のことは個人信用情報でバレますし、プロミスも長年の審査ノウハウを持っていますので、虚偽内容を見抜くことはたやすいことなんです。

虚偽の申告は信用力を一気に失う行為です。

今回審査落ちになるだけでなく、今後プロミスだけでなくSMBCコンシューマーファイナンスを利用できなくなる可能性もありますので、虚偽の申告は絶対にやめましょう。

借入希望額の融資が受けられないこともある

申し込みのときには自分の希望する借入額を入力しますが、審査結果によっては借り入れ希望額通りの融資が受けられない場合もあります。

特に収入が少なく雇用が不安定な学生やフリーターは、貸倒れのリスクを考慮して、10万円以下の融資額になることも珍しくありません。

また学生やフリーターでなくても、はじめてプロミスを利用する人は過去の利用実績がないため、返済能力や信用力を完全に測ることは非常に困難と言えます。

申込者ごとの収入状況や返済能力、信用力に応じて借入額が判断されるということを覚えておいてください。

プロミスの審査に落ちたら他の消費者金融に申し込むのも手

プロミスに落ちた場合の対処法として、他の消費者金融に申し込むことも選択肢のひとつとなります。

でも、プロミスに落ちたんだから他の消費者金融も落ちるんじゃないの?

そうですよね!ちょっとあきらめモードになりますよね!

でも、審査基準は消費者金融によって異なりますので、プロミスに落ちたからと言って他社も落ちるとは限らないんです!

希望を捨てるのはまだ早いですよ!

特にアコムは微々たる差ではありますが、他社と比べはじめての方が多いせいか審査も通りやすいこともあるようです。

始めから大手は無理だとあきらめずに、検討してみるのもいいかも知れません。

中小消費者金融に申し込む

もちろん大手消費者金融以外に中小消費者金融も検討する価値はあります。

中小消費者金融だからと言って法外な金利を請求されたり、特別スペックが低くて利用しづらかったりするということはありません。

むしろ中小消費者金融の方が、個人の事情に配慮し柔軟な審査をしてくれるというメリットがあります。

ただし中小消費者金融は知名度が低い分、闇金が紛れている可能性もあります。

申し込む前にはしっかり情報収集を行うことが大切です。

モビットはWEB申し込みで在籍確認をなしにできる

消費者金融を申し込むときにネックになるものとして、「在籍確認」を挙げる人は多いです。

プロミスもアコムもアイフルも例外なく在籍確認は行われ、在籍確認が取れなければ審査に通ることはありません。

しかしモビットのWEB完結申し込みなら、在籍確認なしで申し込むことが可能です。

ただし厳密に言うと、在籍確認そのものがなくなるわけではなく勤務先への電話に替え、書類を提出することで在籍確認を完了することになります。

モビットでWEB完結申し込みをするためには次の条件を満たす必要があります。

①次のいずれかの銀行口座を持っていること

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行

②次のいずれかの保険証を持っていること

  • 社会保険証(全国健康保険協会(協会けんぽ)が発行しているもの)
  • 組合保険証(各企業の健康保険組合や公務員の共済組合等が発行しているもの)
一番早く借りられる方法
  1. ネットで申し込む
  2. 自動契約機でカードを受け取る
  3. ATMで借り入れする

\ 最短1時間で融資可能 /公式ページを見てみる