プロミスの金利

プロミスの金利は高い?利息を抑えてお得に利用する方法を伝授

この記事を読んでいるということは、プロミスの金利は高いのか知りたいのだと思います。

もしくは、利息を抑えてお得に利用したいと考えているのかも知れませんね。

消費者金融を選ぶときは、金利を確認ことが大切です。

同じ金額を借りても金利が高いローンは、返済負担が大きくなってしまいます。

プロミスはどうなの?金利は高いの?

うんうん、そこは重要なポイントですよね!

大手消費者金融の中でも、プロミスの上限金利は低めに設定されています。

しかし、金利が低いと言っても、全体的に消費者金融は銀行よりも高金利ですので、利用方法や返済方法を考えて取引するべきです。

今回はプロミスの金利を他社と比較しながら紹介し、少しでもお得に利用する方法を紹介します。

お金は借りるよりも返す方が大変なので、少しでも負担を減らせるよう是非参考にしてください。

プロミスの金利は消費者金融の中で一番低い

プロミスの金利は4.5%~17.8%です。

4.5%なら大した金利じゃないね?

おっと!それはちょっと注意してください!

金利を確認するうえで注目すべきは、上限金利の17.8%の方なんです。

適用される金利は、借入金額や取引状況に応じて判断されるため、はじめて利用する人はほとんどが、上限金利の17.8%になります。

カードローンの金利を比較するときは、この上限金利を基準に判断してください。

プロミスの上限金利は、他社の消費者金融よりも低く設定されています。

具体的な金利は次に紹介しますので参考にしてください。

銀行カードローンよりは高い

プロミスは銀行カードローンより高い金利となっていますが、大手消費者金融の中では上限金利が最も低く設定されています。

会社名・銀行名 金利(実質年率) 利用限度額
プロミス 4.5%~17.8% 500万円まで
アコム 3.0%~18.0% 800万円まで
アイフル 3.0%~18.0% 800万円まで
三井住友銀行
カードローン
4.0%~14.5% 800万円まで
三菱UFJ銀行
バンクイック
1.8%~14.6% 500万円まで

金利は借入額によって決まる

プロミスの金利は「利息制限法」という法律に基づいて、借入可能額によって決定します。

利息制限法はもともと、不当な金利から契約者を保護するために定められたものであり、消費者金融はこの利息制限法の上限金利を遵守しなければなりません。

利息制限法による上限金利は以下の通りです。

借入可能額 上限金利(実質年率)
10万円未満 20%
10万円以上100万円未満 18%
100万円以上 15%

プロミスを含めた大手消費者金融のほとんどは、上限金利が18%に設定されていますので、この利息制限法をしっかりと守っているということになります。

もちろん借入金額が100万円以上になれば、金利も15%以内となり金利の負担が軽くなります。

\ 3項目で簡単診断! /借入れシミュレーション

プロミスの金利と利息の関係を解説

金利によく似た言葉で「利息」というものがあります。

『金利』と『利息』って、何がどう違うの?

うんうん、同じような意味のような気がしますが、違いを知りたいですよね!

金利とは、「借り手」がお金を借りた対価として支払う金額の「割合(%表記)」のことを指し、利息とは「貸手」が対価として受け取った「金額(円表記)」そのもののことを指します。

いずれもお金のレンタル料のようなものを指す言葉ですが、「借り手」「貸手」の立場の違いと、レンタル料金が全体から見た「割合」なのか「金額」なのかによって使い分けられます。

プロミスは残高スライド元利定額返済方式

プロミスの返済方式は、最終借り入れ後の借入残高に応じて変動(スライド)する「残高スライド元利定額方式」です。

言葉が難しくていまいちイメージがつかみにくいですが、借入残高に基づいて計算された「元金」と「利息」を毎月定額で返済します。

つまり借り入れの金額に応じて毎月の最低返済額が決まるということです。

プロミスでは以下のような算出方法で返済金額が決定します。

借入後残高 返済金額
(1,000円未満は切上げ)
返済回数
(この回数内で返済する)
30万円 借入後残高×3.61% ~36回
30万円超~100万円以下 借入後残高×2.53% ~60回
100万円超 借入後残高×1.99% ~80回

例えば借り入れ後残高が10万円の場合、

10万円×3.61%=3,610円
1,000円未満は切上げのため毎月の最低返済額は4,000円となります。

また、5万円を借りて1万円を返済後、10万円を追加で借りた場合は以下の通りです。

14万円(借り入れ後残高)×3.61%=5,054円
1,000円未満は切り上げるためこの場合の最低返済額は6,000円に変わります。

参考までに、他の大手消費者金融の最低返済額を表にまとめてみました。

プロミス・アイフル・SMBCモビット

借入後残高 最低返済額
100,000円
4,000円
200,000円
8,000円
300,000円
11,000円
500,000円
13,000円

レイクALSA(残高スライドリボルビング方式の場合)

借入後残高 最低返済額
100,000円
4,000円
200,000円
8,000円
300,000円
12,000円
500,000円
14,000円

アコム

借入限度額 最低返済額
(金利18.0%毎月1回払い・24回で返済)
100,000円
5,000円
200,000円
10,000円
300,000円
15,000円
500,000円
25,000円

返済額が高いほど返済期間が短くなり、トータルの利息も少なくなるというメリットがありますが、最低返済額が高いことで毎月の返済が厳しくなるということも考えられます。

なるべく総返済額を減らしたいのか、毎月無理せず返済したいのか、自分の考えに応じた返済方式を選択してください。

\ 最短1時間で融資可能 /公式ページを見てみる

プロミスの利息の求め方

プロミスの利息は、次の計算式で求められます。

利息=利用金額×借入利率(金利)÷365日×利用日数
※1円未満は切り捨て、うるう年は366日で計算

先ほども解説したように、利息は貸手が受け取るレンタル料の額です。

すなわち借り手としては元金にプラスして支払わなければならないものであるため、利息が大きいほど返済負担は大きくなります。

例えば20万円を金利17.8%で30日間借りたとすれば

20万円×17.8%÷365日×30日=2,926

この場合、30日後に一括返済すると利息の合計は2,926円になります。

また2,926円を30日で割ると1日当たりに発生する利息が計算できます。

2,926円÷30日=97円

このように日々利息は発生していますので、いかに返済期間を短くするのかが利息の負担を抑えるポイントになります。

提携ATMで返済するときに気を付けること

プロミスをお得に利用するためには、利息の他に手数料も考慮しなければなりません。

特にコンビニなどの提携ATMは利用金額に応じて手数料が必要になりますし、借り入れだけでなく返済時にも手数料が発生してしまいます。

一回の手数料は100円や200円程度ですが、ちりも積もれば山となりますので、利用頻度が高い人ほど注意しなければなりません。

プロミスの返済方法で最もおすすめなのは何?

そうですね~。

やっぱり「口座振替」です!

毎月決まった返済日に最低返済額が口座から自動引き落としされるので、ATMに行く手間がありませんし、返済の忘れも防げます。

プロミスに手数料無料で返済できる方法は他にもあります。

  • 口座振替
  • インターネット返済
  • ファミリーマートのマルチメディア端末ファミポートを利用した返済
  • プロミスATM
  • 店頭窓口

プロミスは手数料無料で利用できる方法が多いので、自分が使いやすいものを選択してください。

ふだんコンビニによく行く人は提携ATMを利用することが多いかも知れませんね。

でも、提携ATMの利用は幾つか気を付けなければならないことがあるんです。

提携ATMでは手数料がかかる

プロミスの提携ATMを利用した場合以下の通り手数料が発生します。

取引金額 借入時 返済時
1万円以下
110円
110円
1万円超
220円
220円

手数料の発生するタイミングは、借入時の手数料は次回の返済時に、また返済時に発生する手数料はその返済と併せて清算されます。

プロミスの主な提携ATMは次の通りです。

  • 三井住友銀行(手数料無料)
  • セブン銀行
  • ローソン銀行
  • E-net
  • ゆうちょ銀行
  • 地方銀行 等

このうち三井住友銀行のみ提携ATM手数料が無料になっています。

近くに三井住友銀行のATMがある場合は優先して利用するとお得に借り入れと返済ができますよ。

ATMによって利用できる金額に上限がある

提携ATMを利用するときには、取引できる紙幣の枚数に上限があるということに注意してください。

セブン銀行の場合は入金、出金ともに1回50枚までになっており、それ以上の枚数で入金や出金がしたい場合は分けて利用する必要があります。

またローソン銀行やE-netの場合は、1回当たり入金は紙幣59枚(金額は50万円まで)、出金は20万円までとなります。

提携ATMの利用を複数回に分けると、その分手数料もかさみます。

利用金額や紙幣枚数が多い場合は、別の利用方法を選択することをおすすめします。

返済シミュレーションを上手に活用しよう

プロミスでお金を借りる前に必ず行ってほしいのが返済シミュレーションです。

返済シミュレーションを利用することで、毎月家計からいくら返済額を捻出しなければならないのか、またいつまでに返済ができるのかを具体的に把握することができます。

プロミスは3つの方法で返済シミュレーションが行えるので、上手に活用してください。

返済金額シミュレーション 指定の期間で返済する場合の毎月の返済額を算出
返済期間シミュレーション 毎月一定の金額で返済した場合の返済期間の算出
借入可能額シミュレーション 毎月の返済可能額と返済期間を設定したときの借入可能額を算出

では実際に幾つかのパターンで返済シミュレーションを行ってみましょう。

・10万円を金利17.8%で借りて6回(6か月)で返済した場合と12回(1年)で返済した場合の返済額や利息の違いを算出

返済期間 毎月の返済額 元金累計 利息累計 返済額累計
6回(6か月)
17,542
100,000
5,254
105,254
12回(1年)
9,158
100,000
9,894
109,894

・10万円を金利17.8%で借りて毎月5,000円で返済した場合と1万円で返済した場合の利息、返済回数の違いを算出

月々の返済額 返済回数累計 元金 利息 返済額累計
5,000
24回(2年)
100,000
19,490
119,490
10,000
11回(11か月)
100,000
9,043
109,043

いずれの返済シミュレーションでも読み取れるように、返済期間が短いほど利息の負担は軽くなっています。

プロミスの利息を抑える3つの方法

毎月の返済額を5,000円から8,000円にできれば、返済期間は短くなり利息の負担はグッと軽くなります。

しかし無理な返済金額を設定すると、病気やケガの入院費や失業などのアクシデントで収入が途絶えた場合、一気に生活が困窮するおそれがあるので注意が必要です。

プロミスの場合、毎月の返済額を増やす以外にも利息の負担を抑える方法があります。

お得に利用するためにもきちんと把握し、最大限にサービスを活用してください。

1.無利息期間は条件をクリアすれば利用できる

プロミスには、30日間無利息期間サービスがあります。

30日間の無利息期間サービスは、はじめてプロミスを利用する人が対象になりますが、自動的に適用されるわけではなく条件をクリアしなければなりません。

その条件とは、初回契約後にプロミスにメールアドレスを登録しWeb明細を利用するというものです。

Web明細の登録方法は簡単で、会員サービスにログイン後「書面受取方法登録・変更」ボタンをクリックします。

その後、「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択すれば完了です。

プロミス以外の大手消費者金融でも無利息期間サービスってあるよね?

そうですね。

でも、プロミスの場合、他とは違うちょっとした特徴があるんです!

それは無利息期間が適用される開始日です。

他社の場合は契約した翌日から無利息期間がスタートするのですが、プロミスの場合は実際に借り入れした日の翌日からスタートします。

ちょっとした違いですが、「早めに契約だけ済ませておこう」と考えている人には、かなりうれしいサービスですよね。

2.プロミスポイントを使用して期間も可能

30日間の無利息期間サービスが終了しても、プロミスのポイントサービスを利用すれば利息や提携ATM手数料の節約ができます。

プロミスポイントサービスは、インターネット会員サービスの利用に応じてポイントを貯めることができ、貯まったポイントは無利息サービスや提携ATM手数料無料サービスに利用することができます。

無利息サービスを適用させるための必要ポイントや適用期間は次の通りです。

必要ポイント
250ポイント
400ポイント
700ポイント
無利息期間
7日間
15日間
30日間

適用期間は次の取引を行った翌日から適用されます。

  • 利息以上の返済時
  • 完済している場合は再度の借り入れをしたとき

提携ATM手数料無料サービスの必要ポイントや適用期間は以下の通りです。

必要ポイント
40ポイント
適用期間
申込日から翌月末日まで

提携ATM手数料無料サービスは、かなり長い期間適用されますが、申し込みは月末ではなく月初に行うことをおすすめします。

例えば4月1日に申し込めば5月31日までの61日間適用されますが、4月30日に申し込んでしまうと5月31日までの32日間しか適用されません。

せっかく貯めたポイントを最大限に利用できるように、ちょっとしたことでも注意してくださいね。

プロミスポイントの貯め方

プロミスポイントは、会員サービスの中にある次の対象サービスを利用すると貯めることができます。

対象サービス 獲得ポイント数 条件
プロミスポイントサービス申込 100ポイント 初回登録のみ
プロミスインターネット会員サービスログイン 10ポイント 毎月初回ログインのみ
プロミスからのお知らせ確認 5~20ポイント 獲得対象になるお知らせとならないものがある
収入証明書の提出 160ポイント
返済日お知らせメール 各1ポイント 毎月月末時点で対象サービスの利用を登録している場合
取引確認メール
Webの受取

初回のみ獲得対象になるものもありますが、プロミスポイント会員になれば毎月利用することでコツコツ貯められるものもあります。

このようなポイントサービスは他社では行っていないので、プロミスならではのメリットと言えます。

3.繰り上げ返済をする

「今月は少し余裕があるな」というときは、最低返済額に追加して繰り上げ返済をすることを検討してみてください。

繰り上げ返済を行うことで元金が減るので、返済期間が短くなりトータルの利息を含めた総返済額を抑えることができます。

もちろん繰り上げ返済は余裕がある月だけで構いません。

少しずつでも小まめに返済していくだけで、返済負担を減らす効果が期待できますよ。

なお、繰り上げ返済は口座振替を利用できないので、インターネット返済やATM、なお、ファミポートなどを利用して行ってください。

プロミスへの返済中は、臨時収入やボーナスが出たら、優先的に支払いに充てるということを心に留めておきましょう。

一番早く借りられる方法
  1. ネットで申し込む
  2. 自動契約機でカードを受け取る
  3. ATMで借り入れする

\ 最短1時間で融資可能 /公式ページを見てみる